たまにはのんびり週末を。自宅であれこれ済ませちゃおう。

いつも週末になると、スポーツやらドライブやらで家にいないことが多い我が家ですが。今週末は、久しぶりに自宅でゆっくりしよう!と決意。実は土曜日の朝に出かけようとしたところ、家の近辺が事故渋滞ですごいことになっていた、というのが理由のひとつなんですが…。

思い思いに好きなことをして過ごします。といっても、まずは前半戦として、家の中の片付けを全員で。エアコンのフィルター洗浄、ペットボトルの分別(これがかなり面倒くさいのです)、シーリングライトも取り外してカバーをごしごし。洗濯機のカビ取り。ひたすら鍋を磨くなどなど。

普段やるにはちょっと時間がかかっちゃうんだよね、ということを、家族の力を合わせてサクサクと進めていきます。みんなでホットプレートでたこ焼きを焼いて食べたあと、午後2時くらいからは各自で自由時間。普段多忙で時間のない夫は、貯まった大量のCDや音源データを整理を片手間に、なぜか引っ張り出してきたプレステ2で懐かしいゲームに夢中。

子どもは自転車にローラーブレードとボールを積んで公園に出かけていき、お友だちとの外遊びに夢中。私はというと、親戚から届いた大量のりんごを煮てコンポートにし、冷凍パイ生地を使ってのアップルパイを作成。お菓子作りなんて久々です。

パイをオーブンに突っ込んで焼き上がりを待つ間、趣味のハンドクラフト用ケースから毛糸を引っ張り出して、こちらも久々の編みぐるみを作ります。編み図なんか見ることなく、いつも頭の中で設計図を立てながら作るのですが、今日は簡単なものがいいなあ…と編んだのが、なぜかチンアナゴの編みぐるみ。

そうこうするうちに日も傾き始め、子どもが公園から戻ってきました…ズボンを豪快に破いて…。「転んじゃったよーアッハッハ!」とのことですが、冗談じゃないよ!それ最近買ったばっかりで3回しか履いてないズボン!

さすがに捨てるのももったいないし、仕方ない。針と糸を出して(ハンクラケース出しておいて幸いでした)、ちくちくと穴を繕い、手持ちのワッペンを取り付けて補修する羽目になりました。「あっ、お母さん編みぐるみ作ったんだ?」「そうだよ、チンアナゴ!」子どもは完成品を手に、まじまじとこちらを見て、冷たい真顔で一言。「これはニシキアナゴだよ」…どっちでもいいじゃん!?詳しいな君!?

こんな感じで好き勝手に自由なことをして過ごした一日でしたが、たまには出かけてばかりではなく、自宅にいるのもいいのかな、と思いました。精神的に余裕が出来るし、何よりもお金がかからなくて良いですね。とか言いながら、来週はやっぱりお出かけしちゃうんだろうなあと思う我が家なのでした(夕食の時、さっそく来週開催のイベントに行きたいという希望が出ていましたし)。